お取り寄せグルメを手に入れろ!仮想通貨で白熱した12周年記念パーティ

2018.08.10 社内行事
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、広報の山﨑です。
Razestは今年で創立12周年を迎えることができました。
それを記念して、7月27日(金)に弊社オフィスにて創立記念パーティを開催しました。
社員が必死に取り組むのは……UNO? 1-2-Swich? ジェンガ?


一体どんなパーティが行われたのか。
今回はその模様をお届け致します!

 

今回の創立記念パーティのテーマは、「本気で遊びまくる1日!」
Razestが大切にしている「イベントに本気で取り組む」という精神を最大限に引き出す企画です。この企画のために、弊社のエンジニア佐藤が夜なべして制作したのがこちら!


RazeCoin(ラゼコイン)です!
RazeCoin(以下、ラゼコイン)とは、今回のパーティのみで使用できる仮想通貨アプリです。このラゼコインの使い道はと言いますと……

カウンターに並ぶ、たくさんの美味しそうなお取り寄せ食材。
よく見るとそこには値札表が。500Rz?2000Rz?!?!

そうです。
このパーティで食べたり飲んだりするためには、ラゼコインで商品を購入しなければならないのです。商品バーコードを専用アプリで読み取って、購入します。
ちなみに、お取り寄せした食材は、

竹千寿の鰻の笹ちまき: 2,000Rz(600円相当)

岩瀬牧場のほっかほっかチーズケーキ:1,000Rz(400円相当)

岩城の燻製屋チャコールの燻製8種詰合せ:2,000Rz(5,000円相当)

他にも、ノワ・ド・ココのローストビーフ2種食べ比べ国産牛(合計400gで4,773円)や皇室献上品のりんごジュース「神々の林檎」(1本で11,124円)など、全40種!!

ラゼコインの稼ぎ方はいたって簡単です。
「ゲームで遊んで勝つこと!」
社内にある数百個を超えるゲームでとにかく遊びまくります。
そのゲームで勝つことができれば、コインを手に入れることができます。


リストから遊びたいゲームを選んで、参加申請し、メンバーを集めて実際にゲームします。
ゲームに勝つと、コインが入金され、トップ画面では、獲得したコイン数に応じてランキングが表示されています。

また、パーティは3つのステージに分かれており、
各ステージごとに参加者全員で行う全体ゲームが実施されます。それ以外の時間は、各々好きなゲームで対戦してコインを稼ぐフリータイムです。

 

1stステージの全体ゲームは「人間ゲームDX」。
株式会社人間とTANSANFABRIKが制作されたボードゲーム「人間ゲーム-コンプレックス人狼-」を使用し、今回のイベント用にアレンジしたゲームです。


プレイヤーはこちらの3人。
写真右から、株式会社人間のトミモトリエ様。
株式会社まめ専務取締役の白井康太様。
そして、弊社代表の木村仁。

このゲームは、プレイヤーが各々抱いているコンプレックスを探り合い、「人狼」が誰なのかを会話とカードをヒントに当てるゲームです。

プレイヤー3人のうち2人は「人間」、1人が「人狼」です。
プレイヤーが選んだコンプレックスカード(ダミーも混ぜる)を集め、人狼は全員が目を伏せている間にこっそり「この人のコンプレックスはこれだ」と思うものをプレイヤーの前に置きます。
ちなみにカードには、「毛深い、ダサい、モテない、ハゲ……」といったどぎついことが書かれています。

他の観戦者は、置かれたカードを見て、誰が人狼なのかを当てます。
見事、人狼プレイヤーを当てることが出来たらコインGETです。

「全員当たってるじゃん!」「いや、これ違うし!」「これ置いたやつは俺の事こんな風に思ってんの?」と探り合いの会話や、プレイヤー3人の反応を見て誰が嘘をついているのかを当てなければなりません。

観戦者の予想で一番多かったのは、弊社代表の木村でしたが……
人狼は、株式会社人間のトミモトリエ様でした。

配られたカードはこのような感じです。

当たってる?当たってない?
それを知っているのは、本人だけです。

さて、人狼を見事当てた参加者たちにラゼコインが配布されたところで、やっと、乾杯です。
乾杯の挨拶は、弊社経営企画部の部長である、株式会社まめの白井様にお願いしました。


「創立12周年おめでとうございます。来年も再来年も開催できるよう、頑張っていきましょう。」


12周年を記念して、乾杯!!

1stステージでラゼコインを獲得した参加者たちは、早速好きな食べ物を購入しお食事タイムです。
しかし、負けた参加者は0ラゼコインなので、何も食べられません。


みんな美味しいものを食べたいがために、本気で勝ちに行っています。
手加減なんてありません。

こちらでは、ジョリーロジャーボードゲームが行われています。
タンサン株式会社様と弊社が制作した「競り×デッキ構築」という新しい切り口のボードゲームです。

激闘の末に勝利したのは、株式会社人間の山根シボル様。(写真左下)
7,000Rz獲得です!!

 

2ndステージの全体ゲームは「5人ポーカー」です。
1人1枚ずつトランプのカードが配られ、そのカードを元に、より強い役を作れるよう声をかけ合って5人1組のチームを作るゲームです。ただし、自分のカードを他の人に見せてはいけません。
しかし、参加メンバーの総数は5で割り切れません。
5人組をつくれなかった2人は、2000ラゼコインがマイナスされてしまいます……。


スタートと同時に必死で仲間を探す参加者たち。
弱いカードを持っている人は嘘をついででも仲間に入りたい……!
「こっちのグループの方がいいでしょ??と全力で説得したり……みんな必死です。

勝利チームは、みごとフラッシュを決めたこちらのチーム!!

終了間際、突然の裏切りによってあぶれてしまったのはこの2人。

2度目のフリータイムを終えて、いよいよラストステージとなりました。
3rdステージは「Real Grave†Cross」。

弊社が創立年の2006年にオープンした携帯で遊べる日本初のカードバトルゲーム「Grave†Cross」を元にしたゲーム。
ルールは、ジャンケンをベースにしたシンプルなもの。


1人1枚ずつ配られた「グー」「チョキ」「パー」のカードに、自分が所持しているラゼコイン÷100の値を分配した戦闘力を割り振ります。
3回のジャンケンを行い、勝ったら相手のカードを奪えるというもの。
最後に、所持カードの戦闘力の高さを競います。

しかも、このゲームに勝利すると、なんと20,000Rz獲得!!
これは何としてでも勝たなくては。


こんなにも真剣にジャンケンをしたのは久しぶりです。
勝った負けたで一喜一憂する参加者たち。
またしてもラゼコインに振り回されてしまいました。
激闘の末、見事20,000Rz獲得した4人。

さて豪遊と行きましょうか!!
3rdステージで、一攫千金大富豪になった4人は、一杯5,000Rzのリンゴジュースを飲んだり、9,000Rzの高級牛ほほ肉を食べたりと、片っ端から食材を購入していきます。
一方、手持ちのコインがなくなった人は、富豪たちにおねだりしたり、勝負を仕掛けたり……何とかしてコインを手に入れようとアピールしていました。

楽しい時間はあっという間で、閉会の時間がやってきました。
最後は弊社代表、木村による挨拶です。


「皆さん、お疲れ様です。今日の創立記念パーティはとても良い時間でした。それはみんなが思いっきり本気で取り組んからだと思います。思いっきり取り組んだからこそ、楽しかった中に反省点も見えているはずです。」


Razestには社内イベントがたくさんあります。どのイベントにも真剣に一生懸命取り組む姿勢を忘れないでいてほしいです。明日から13年目に突入します。Razestはこれからもまだまだ成長していきます。だから、みんなもそれぞれの技術力や連帯感を高めていってください。」

ラゼコインという仮装通貨に振り回され、全力でゲームで遊んだ一日。
「これを食べたい!!だからこのゲームに勝つんだ!」と本気で勝ちに行っているからこそ、ゲームに勝った時の喜びも大きかったと思います。負けてしまったときは、「食べたかったのに……」と悔しい思いをすることも。

手持ちのコインが少なくても、おねだり上手な人は奢ってもらっていたり、富豪が高価商品を購入してみんなでシェアするという優しい世界があったり……。
参加者全員で真剣に取り組んだからこそ、こんなにも夢中になれるイベントになったのだと思います。
「イベントに本気で取り組む」という精神を存分に体感できるイベントでした。


最後に12周年の記念品として贈呈された、アイシングクッキー。
ジョリーロジャーのキャラクターたちが描かれています。

本気で遊ぶ精神をこれからも大切に、13年目も突っ走っていきたいと思います!
Razestの新たな発展に乞うご期待ください!!

ABOUT US

大阪・中之島にあるゲーム会社Razest(ラゼスト)の公式ブログです。会社の雰囲気や社員の紹介、社内行事や社外活動のレポートなどをお届けします。

OFFICIAL ACCOUNTS

ご利用のブラウザはサポートされていません。