夏だ!!燃えろ!!サマーキャンプ!!!Part2

2017.08.22 社内行事
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、新入社員の山﨑です。

今回は、『Razestサマーキャンプ二日目』をレポートしたいと思います!
前回は、Let’s 大名行列やBBQ、花火大会の様子をお伝えしていました。

一日目のレポートはこちらからご覧いただけます。
株式会社Razest ブログ|夏だ!!燃えろ!!サマーキャンプ!!!Part2

さて、予告していた壁ドンの謎は解明されるのでしょうか……。
では、二日目スタートです!

優雅な朝の時間

二日目の朝は、優雅にゴルフからスタートしました。

初心者は凄腕の先輩方に教えてもらいます。
ゆっくりとした時間を過ごしました。

牛さんに心奪われる大人たち

ウッディパル余呉に別れを告げて、車で約1時間。
着いた場所は、滋賀県近江八幡市にある近江牛レストラン「GORYO(御両)」です。

お待ちかねの昼食タイムです。
私たちが食べたのはこちら。

「近江牛のすき焼き御膳」です。
柔らかくてとてもおいしかったです。

見てください。
お肉のおいしさだけで、人はこんなに素敵な笑顔になれるのです。

昨日のBBQからの近江牛のすき焼き。
肉尽くしで、幸せたっぷりです。

サマーキャンプも終盤に差し掛かってきました。
最後まで、全力で行きましょう!

面白アイデア炸裂? いりきりそうち60

会社に戻ってきて、ほっとした皆さん。
しかし、キャンプはまだ終わっていません!
サマーキャンプ最後の企画「導かれし同志の集い ~いりきりそうち60~」の開催です。

導かれし同志の集い ~いりきりそうち60~とは、複数のチームに分かれて、Nintendo Switchで発売するゲームの企画を一時間で考え、発表するという催し物です。
・ゲームのタイトル
・世界設定
・ゲームの説明
この3つの項目を考えて発表し、投票の結果一番多く票を獲得したチームが優勝です。
一言で言えば、ハッカソンの企画バージョンです。

「いりきりそうち60」というのは、キャンプ実行委員がオリジナルで付けた名前です。
由来は、Switchを日本語で言うと「入り切り装置」であること、制限時間が1時間(=60分)であることから来ています。

早速、チームに分かれて作戦タイムです。

みんなどんな企画を考えてくるのでしょうか?
楽しみですね。

(1時間後)

発表の時間がやっていました。
企画の内容だけではなく、発表の仕方にも工夫が満載でした。

「ハンサム ディクショナリー」

ハンサム仕草を競い合いながら、モテ男子を目指すというゲーム。
これで、キミもハンサムだ!
「壁ドン」のカッコよさを競っています。

壁ドンのカッコよさは、ジャイロ機能で腕や肘の角度を測って判断するそうです。
勝者は、Razestの微笑みの貴公子による壁ドン。

超絶胸キュンでした!

「カビバスターズ」

お部屋に発生したカビを撃退し、食材を守るというゲーム。

コントローラーを2つに分け、2人でカビを撃退します。
片方はカビを見つける懐中電灯。
もう片方は、カビを攻撃するスプレーです。

Switchの特性「おすそ分けプレイ」をうまく取り入れた企画です。
カビに目を付けたところもユニークで面白いです。

「ハイ〇ーオリン〇ックTOKYO 2020」

東京オリンピックで行われる競技を体験するというゲーム。

コントローラーを両手両足に着けて、100メートル走。
手足の動きを読み取って、スピードを競っています。

他4チームを含め、全7チームがそれぞれ個性豊かな企画を発表しました。
見ている側もとても楽しかったです。

投票の結果、優勝したのは……

「カビバスターズ」を企画した「ラゼスト☆スターズ~らぜすた~」の皆さん
おめでとうございます!
ユニークかつコンパクトにまとめられた内容、全体的なバランスの良さが高く評価されました。
Switchの特性を活かしたゲームシステムも高評価でした。

どのチームもみんな一生懸命に取り組んでいたのが伝わってきました。
いりきりそうち60大成功です!

これでRazestサマーキャンプの全行程が終了しました。
本当に盛りだくさんな2日間でした。
みんな全力で遊んで、全力で楽しみました。
この2日間全力で取り組んだことが、毎日のエネルギーになっていけばいいなと思っています。
来年も、笑いあり・涙?ありの濃いキャンプにしたいです。

ABOUT US

大阪・中之島にあるゲーム会社Razest(ラゼスト)の公式ブログです。会社の雰囲気や社員の紹介、社内行事や社外活動のレポートなどをお届けします。

OFFICIAL ACCOUNTS

ご利用のブラウザはサポートされていません。