Razest キャリア採用情報 強くてニューゲーム採用

代表メッセージ 強烈にやらかしてほしい。

株式会社Razest 代表取締役 木村 仁

Razest(ラゼスト)は、創業から 11 年間、ゲーム一筋で培ってきた経験を武器に、次から次へと新たなステージを目指し、力強く突きすすんできました。携帯ゲームの創世期から現在に至るまで、コンテンツはもちろんですが、コンテンツを楽しんでもらうための新しい仕組み自体から生みだしてきた実績がラゼストの強みであり、業界でもトップレベルのノウハウを持っていると自負しています。たとえば、今ではモバイルゲームで当たりまえになっている「ログインボーナス」も、私たちがゼロから創りだした仕組みのひとつです。

ただ、Razest のことを「ゲーム会社」と名乗るつもりはありません。「コンテンツを楽しんでもらう技術」は、ゲーム以外のありとあらゆる分野に活かせると考えているからです。だからこそ、ゲームづくりはもちろんですが、ゲームに限らず「ものづくり」が好きすぎて仕方がない人たちにも出会いたいと思っています。好きなだけではなく、実際に「なにか」をすでにつくってしまっている人ならば最高です。その「なにか」は、決して素晴らしいものである必要はありません。むしろ、あなたの黒歴史となっているような「やらかしてしまった」経験をたくさんお持ちの方も大歓迎です。

もし、「こんなものをつくりたい!」との強き想いを、今の職場では十分に発揮できずに悩んでいるとしたら、ぜひ会いにきてください。自分が持っているスキルやステータスに満足することなく、自分をもっと新しく変えたい。自分がもっと新しく変えたい。そんな力強い意志を胸に新たなレベルへ突きぬけようとする人材を私たちは全力で後押しします。

これまでゲーム一本で勝負してきたからこそ、Razest の前にはまっさらな未知なる世界ばかりが開けています。だからこそ、次から次へと強烈にやらかしてほしいのです。「やらかすことは失敗ではない。やらかすことを恐れて、なにもやらないことこそが失敗なのだ」と堂々と胸を張り、どんどん新しいステージへ突きすすんでください。あなたがこれまで培ってきたスキルや経験にRazest の力を掛けあわせ、まったく新しい最強のゲームやコンテンツをつくるために、いざ「強くてニューゲーム」を一緒に始めましょう!

ABOUT RAZEST Razestについて

Razestの実績と挑戦

老舗メーカーとしてモバイルゲームを創世期から支えてきた実績と、新しい挑戦を恐れない社風がRazestの強さです。

Razestは、モバイルゲーム業界を創世期から支える老舗メーカーとして、2006年の創業から現在までの11年にわたり、モバイルゲームの新しいステージを切りひらいてきました。

たとえば、ゲームポータルサイト「ゲムトモ」では、ブラウザゲームを中心に、ゲームのプレイ日記を書いたり、掲示板で情報を交換しあったりと「ゲームを通して友だちと交流できる」仕組みを生みだしました。また、携帯で遊べる日本初のカードバトルゲーム「Grave † Cross」も製作。日本で最初の基本プレイ無料のゲームであり、月額課金制が多かった当時では画期的なチャレンジとなりました。

2007年から2009年には、様々な職業のキャラクターを育てて戦うバトルRPGゲーム「Lunatic∴Raid」や、バンダイの人気タイトル「Legend of Vandia」をモバイル向けにリニューアルのほか、位置情報を活用して日本全国の領土を奪いあう本格的な戦国ゲーム「戦国いろは」など、これらの作品は、ブラウザでのリアルタイムバトルや、カードのレベルアップ・進化、位置情報の利用など、今のゲームではメジャーになっている仕組みの先駆けとなっています。

2012年には、世界一の海賊団を目指すカードバトルゲーム「JOLLY ROGER ~謎の文明と海賊島~」を公開。海賊島を育成する箱庭ゲームの要素やカードゲームの要素、そしてリアルタイムチームバトルの要素をいち早く組みあわせるなど、様々な企みが詰まったゲームシステムは、今でも多くのユーザーの熱き交流を生みだしつづけています。

他にも、人気声優を起用したスマホ向け恋愛シミュレーションゲーム「ボクコイ☆せかんどっ!」や、これまでにないほど細部にまでリアリティあふれる試合演出にこだわった「野球魂サムライナイン」など、モバイルゲームユーザーたちをうならせる作品を次々に発表していきました。

今、Razestには、人気ゲームの続編である「ジョリーロジャーII」の製作や、実に10年にわたり構想を温めてきた大型プロジェクト「LIBERTY」の始動、はたまたオリジナルボードゲームの開発など、新しいプロジェクトが続々と控えています。

これからも企業ビジョンにもある「型にはまらない、面白い遊び」をつくるとの姿勢を変えるつもりはありません。老舗メーカーとして積みあげてきた実績を盾にして守りに入ることなく、むしろ武器にして「遊び」の新時代を切りひらいていきます。

あなたも培ってきた最強のスキルや経験を活かして、まったく新しいステージをここから目指してみませんか?

ゲーム一覧

Razestの社風と制作環境

型にはまらないチャレンジを育む最強の環境を

MOVIE

Razestのオフィス・社風紹介

Razestでは、楽しみながら働いてもらえる環境づくりを全力で目指しています。新しくて面白いゲームやコンテンツは、型にはまらない自由な社風から生まれる。そう、私たちは大切に考えているからです。

社内イベントも盛りだくさん。年に一度の社員旅行はもちろんのこと、夏はキャンプ、冬は温泉、暖かい日にはバーベキューと、仕事の手を止めて、みんなで本気になって遊びます。

5人以上による企画には補助金も支給。この制度を利用して、社内にはジョギングやツーリングクラブなどの部活動が盛ん。「OTONAGENAI LAB」といった社外との交流を深めるイベントプロジェクトなども立ちあがりました。

OFFICE

ワーキング・スペースと同じくらいにリラックス・スペースを重視した遊び心満載のオフィスは、「第29回日経ニューオフィス賞」奨励賞も受賞しました。

働く環境
ACTIVITY

社員旅行などの社内イベントはもちろん、「OTONAGENAI LAB」を始めとする社外イベントも盛んに行われます。

INTERVIEW

Razestのメンバーたちに「Razestの魅力」や「仕事でのこだわり」、自分が「好きなもの」や「大切にしていること」などについて語ってもらいました。

UIデザイナー
和泉 カズシロ
四天王寺大学卒
2006年創業メンバー
インタビューを読む
グラフィックデザイナー
辻 由起子
成安造形大学卒
2015年4月1日入社
インタビューを読む
プログラマー
大澤 勇斗
大阪大学
基礎工学部卒
2016年4月1日入社
インタビューを読む
プランナー・プログラマー
八木 雅久二
京都大学 工学部卒
2013年4月1日入社
インタビューを読む
総務・経理事務補助
中間 早貴
大阪ビジネスカレッジ専門学校
総合ビジネス学科卒
2016年4月1日入社
インタビューを読む
社員紹介
  • つづきから
  • はじめから
  • 強くてニューゲーム
loading