BLOG
BLOG

RECRUIT 採用情報

スタッフインタビュー

INTERVIEW
プランナー・プログラマー

八木 雅久二

京都大学 工学部卒
2013年4月1日入社
ラゼストでどんな仕事をしていますか?

まさに肩書きの通り、「企画」と「システム」の双方に関わっています。まずはプランナーとして、ゲームのフィールドづくりを担い、ゲームのアイデアを面白く実現するための舞台を整えていきます。そして同時に、プログラマーの立場からも自分自身で企画したものを作り上げていくことになります。

ラゼストはどんな会社ですか?

既存の枠組みにとらわれない会社だなと感じます。職種の垣根にもこだわりがありません。例えば、「デジタルゲーム」や「アナログゲーム」といったカテゴリにもとらわれません。面白ければ枠組みからどんどんはみ出していこう。そんな柔軟性のある意欲的な会社なんです。

ラゼストを選んだ理由は何ですか?

企画をするためには「幅広い知識がなければいけない」と考えていましたので、職種の垣根なく、ゲーム全体を見渡せるポジションに立ちたいと思っていました。実は、就職活動の際に「プログラマーとして応募していますが、将来、企画職に移ることはできますか?」と他社の面接で聞いたところ渋い顔をされたことがありまして(笑)。ラゼストだけが自分の枠組みを超えたところにまで手を出すことを許してくれたんです。ゲーム業界といっても様々なジャンルに分かれてはいますが、わたしは「いかに人の心を動かすか」というエンターテイメントのゴールこそが大切だと思っていたので、そういった区分けについては特にこだわりがありませんでした。

ラゼストのスゴいところを教えてください。

「いいものを提供したい」というクオリティへのこだわりが、ものすごく高いところです。自分たちが満足していないものを提供してもお客様に満足していただけるわけがないので。もし、他社のゲームをやっていて、「これは許せないな」というポイントがあれば、自社のゲームでは徹底的につぶしていきますね。 例えば、スポーツゲームであれば、Webゲームではありえないほど細かい動きまでを再現していますので、ぜひご注目ください。

ラゼストで楽しかった思い出を教えてください。

大阪城公園での花見&バーベキューでしょうか。イベントを単に楽しむだけではなくて、準備段階から社員同士でフォローしあい、それぞれが主体となってみんなで作り上げていくような雰囲気が自然とできていて、それがすごく好きなんです。

子どもの頃の夢はなんですか?どんな子どもでしたか?

「ゲームをつくれたらいいな」となんとなく考えていました。記憶のない幼少期からゲームにハマっていましたので。ただ、外でドッジボールをするのも好きで、インドアだとかアウトドアだとかの区別なく、興味の赴くままに遊んでいましたね。

どんなゲームが好きですか?

運だけで決まるものではなく、しっかりと戦略を考えるゲームが好きです。ボードゲームにもハマりましたし、「ぷよぷよ」や「パネルでポン」などのパズルゲームでも遊びました。おすすめのボードゲームは「交易王」や「花火」ですね。子供の頃はファミコンやメガドライブにのめりこみ、特に「ヨッシーのクッキー」に熱中していました。

趣味は何ですか?

ロックやフュージョン系のライブによく行きます。好きなアーティストは「カシオペア」です。
ドラムも触ったりと音楽にも興味があるので、やはりゲームのSEは気になってしまいますね。

仕事でこれから挑戦したいこと、抱負を教えてください。

ズバリ、世界で売れるゲームを作ることです。だからこそ、まずは自分がプレイヤーとして世界で売れているゲームを楽しんでみるように心がけています。きっと、何かしらのルールや共通点があると思うんです。ゲームはゼロからイチを作るというよりは、ルールの組み合わせや足し引きによって新しさが生み出されるものなのではないかと考えています。


サーバーに接続できません
HELP
HELP

ご利用のブラウザはサポートされていません。